• アフターピルによる妊娠の回避と急性膵炎について

    2016年5月17日

    アフターピルによる妊娠の回避は95%程度とされているのですが、時間の経過とともに避妊の成功率は低下して最終的には75%程度となります。また72時間を過ぎるとアフターピルの避妊効果がなくなるので、中用量ピルを12時間間隔で2回服用する方法に切り替えることもありますが、妊娠を回避するためにはなるべく早く...

    記事の続きを読む