アフターピルの副作用

通販サイトで購入したアフターピルで不正出血

避妊に失敗した時に服用するのがアフターピルです。薬によって服用するまでの時間は異なりますが、それでもいざという時に服用すると不要な妊娠に至ることを防ぐことができます。そんなアフターピルをいざという時に時間を無駄にしないためにも、常時備えておきたいという方もいます。しかし、薬は病院で診察を受けて医師から処方されます。でもそれでは時間が勿体ない、そんな時間はないという方もいます。その時に役立つのが通販サイトです。海外の薬を通販サイトを通じて購入することができます。アフターピルも例外ではありません。日本でも処方されているアフターピルの中には、海外でも扱われているものもあります。それを輸入して販売するサイトがありますので、よく注意書きなどを読んで購入することも出来ます。しかし、実際に医師に処方してもらったわけではないので、事前に注意を聞くことができません。そんな時に不正出血が起こると誰でも不安になってしまいます。通販サイトで購入したアフターピルを飲んだら不正出血があったという声をたまに見かけます。しかし、それは薬に問題があるのではなく、アフターピルによる体の変化によるもので、正常な反応なのです。不正出血は服用後3日から1週間後くらいから始まります。ホルモン量が変わることで、子宮の壁が剥がれるために生じる出血です。この反応によって妊娠を防ぐことができます。ですから不正出血があると、避妊に成功したということになりますので、効果の判断の大きな材料になります。逆に不正出血が2週間超えてない場合は、詳細な検査をした方が良いでしょう。通販サイトを活用して、早めに服用して、よりリスクを減らすことができます。