アフターピルの副作用

アフターピルの服用によるカンジダと献血

アフターピルを服用している場合は献血をすることができないのですが、低用量ピルを継続的に服用している場合には献血を受けることができます。アフターピルの場合には女性ホルモンが増加するので献血をしても必要とされている質を保つことができないのが理由とされていて、実際に日本赤十字のFAQサイトなどを参考にすると少量のホルモン補充療法に関しては問題がないが緊急避妊用のアフターピルに関しては除外されるとされています。アフターピルは一時的に女性の体を妊娠している状態にすることで、避妊をするのですが、低用量ピルの場合には継続的に服用することで女性ホルモンの補充を行って生理による出血や月経前症候群などを改善する効果もあります。副作用としては膣内のカンジダがあり、これは性的な接触によるものではなく膣内の免疫力が低下することで起きるとされていて、カンジダを放置しておくとパートナーに感染させてしまう可能性もあります。通常の場合には体調が整うことでカンジダの症状もなくなるのですが、痒みなどがひどい場合には婦人科を受診して治療薬の処方を受ける必要があります。膣内のカンジダに関してはドラッグストアなどでも治療薬を手に入れることができるのですが、症状を診察してももらって適切な治療をすることでカンジダの頻度を減らすことができます。アフターピルは1度しか服用しないのでカンジダなどの副作用は出にくいのですが、頭痛や吐き気などの症状が出ることがあるので、体質的に頭痛になりやすい女性は服用するときに頭痛薬などを準備しておくことが必要になります。また緊急避妊用のピルなので嘔吐してしまうともう一度服用しなければならないので、服用後4時間は吐かないように吐き気を止める薬などを服用しておくことが重要です。